信教の自由があるからの信仰?

斎藤小百合氏の朝日新聞の記事からいくつかのことを考えた。

まず信教の自由があるからひとは信仰を持つのかということだ

これはNOだ。

日本のキリスト教の歴史をみても、キリスト教が禁止された江戸時代さえも信仰をもつひとは絶えなかった。世界の中でもそうだろう。

しかし、ある人たちは、今の日本国憲法の信仰の自由が大切だという。

確かに国から弾圧されるよりは、自由を認められていたほうがいいのだろう。ましてや、ミッションスクールの関係者や牧師などは当然だ。

しかし一般の信者にとって、憲法で信条の自由があるからキリスト教を信仰してます、というひとはおそらく皆無だろう。信仰とは神様を信じることで決してほかのことを信じているのではなく、神様が自らをとらえてくださっているというものだろう。

そうなると、なぜ日本国憲法がそこに登場するのか。

また、明らかなのはあるイデオロギーを信奉するひとには宗教などはあまりもってほしくないということで、現在のキリスト教が強く弾圧されている国を考えればわかりそうなものだ。日本の前衛政党は、自分たちが政権をとっても宗教の弾圧はしないといいつつなんだかな感じだ。実際に世界の中で宗教が弾圧れれているのは前衛政党が信じるイデオロギーによって作られた政党が支配する国だ。もちろん専制君主が支配する国では同じようなものだから、前衛政党イデオロギーだけではないが、とにかく、国民をある方向に向かわせようという支配者がいれば宗教は邪魔になるということだけだ。わたしは信教の自由を研究する(おそらくは大切にする)といいつつも、憲法の護持をいうひとというのは信用できないなあと思っている。ましてはそれを前衛政党といっしょにいうひとはなおさらだ。結局は敵の敵は味方みたいな発想なんだろうけど、前衛政党が信教の自由を守ってくれるなどと思うのは歴史に目をつぶることだと思う。まあ斎藤氏が何をいっているのかつぶさに見ているわけでもないので彼女に向けているのではなく、彼女のいっていることをもとによく見る言説について考えたことである。

朝日新聞12月1日耕論

ということで今日は島薗進氏、斎藤小百合氏(恵泉女学園大学という園芸の大学で憲法を教えているらしい)、とあとひとりのひとが書いていた。

最後のひとりのひとはわりとまともだったのでいいのですが、名前を書いたふたりはひどかった。まず島薗氏はなんだか評論家のような口ぶりで、前にも書いたように、東大は先生も学生もずーっと統一協会の脅威にさらされていたはずで、何をいってるんだという感じです。またいってることにとても宗教学者としての深みもなくて、まあたこつぼの宗教学のなかでいきてきたひとなんだなあという気がしました。こういうひとが東京大学の教授として、おそらくは日本の宗教学の”大家”とも呼ばれるところにむしろいまの日本の問題の根があるのではないでしょうか。要は学者がたこつぼの学問をやるだけで、全然社会に貢献できてないしする気もないということです。お定まりのオープンカレッジなどよりも、ずっと学者としてやるべきことをやってなかったのが島薗氏を筆頭とする学者なのでは。もうひとりの斎藤氏は名前を知らないのでなんでここにでてきたのかも不明ですが、ひとことでいってとんでもないひと。何を言いたいのかわかりませんでした。結局憲法学者としてよりも自民党統一教会の関係をあきらかにするほうが大切という市民運動家の面が強い人なのか。まあたしかにいまの統一教会たたきの中で、例えば萩生田氏のようにうまく逃げてる人もいるわけで、それでいいのかという気もしますが、憲法学者が、解散命令がだされるときにはオウム真理教がどうのとかいってそれだけかいって感じがしました。このひとは憲法の信教の自由についての専門家らしいですが、まだ自民党当たりがいっている、宗教団体の解散が信徒の信教の自由を侵すことになってはどうの、というほうがまともな言い方のように見えるほど、憲法学者としてはどうかという感じの記事でした。もしかすると、憲法についての学者という肩書があって、ああいった発言をするひとは、いろいろなところによばれて”忙しい”のかもしれませんが、それは、たとえば東大やKO大学の教授が政府や企業によばれて”忙しい”のと大差はないでしょう。研究の時間などとれないし、毛局はうまく迎合的なことばかりいって、下手すると、そういう人たちのご機嫌をとって自身の老後を安定させたい、という欲望丸出しの人工知能系の研究者のようなひとまででてきてますが、根本的にはあまり変わらないような印象です。まあ朝日が取り上げるくらいですからその方面では有名なひとなんでしょうけど。

ということで、前から書いているように、オウム真理教を見れば、単に宗教法人夫解散命令を出しても、決して資産は散逸なんかしませんし、地価というより堂々と別の団体として活動するだけです。地下にというのは資産を隠すという意味であればそうかもしれませんけど。

ということで12月1日から実になんだかな感じの記事を読まされたなあという印象です。

宗教2世の救済や質問権の行使などみて

統一協会(教会)のはなしに、なぜか有識者会議に菅野しおりさんというひとがはいっている。もとは山尾さんといったひとで国会議員だったひとだ。その前は検事だったのでそのあたりの経歴を買われたのかもしれませんが経歴といってもたったの3年くらいみたいなのであまりどうということもなさそうです。そうすると国会議員ととしての経験?よくわかりませんが、、、私の結論はよくわからないけど自民党から何かしらの信頼を受けているひとなんだなあというところです。あれだけ世間を騒がせておいていい気なもんだなあと思います。まさに上級国民なのでしょう。ということで、こういうひとのいうことはまあ中途半端なのは当然と思われます。宗教2世の救済といいますが、確かに信仰は親。生計を共にしていれば影響があるのは自然でしょう。確かに家を売ったりしたらそれはひどいと思います。なぜかといえば、基本的な人権を守れないような宗教と思われるからです。たしかにはた目にはそう映ったとしてあとは、裁判所などで判例を積み上げていくしかなくて、機械的に判断できるものではないでしょう。例えば1億円を献金したとしても、イーロンマスクみたいなひとだったら大したことはないわけです。これが借金までしてとなるとさすがに問題でしょうけど、それは貸す側にも問題はありそうな気がします。と思うけど銀行は貸すんでしょうか?

質問権もあんなに大騒ぎするほどなんでしょうか。というか、あれで解散に値するようなキーワードが入った回答が来なかったらそこで終わりにするしかないわけで、かえって藪蛇のような気もします。どうするつもりなんでしょう。およそくだらない儀式であって、さっさと国税を乗り込ませて、資金の動きなどを確認して、事業税とみなすものをどんどん上げされたほうがよっぽど効率的です。もっともそのあたりが一般の宗教法人には厳しい国税も立ち入れないのかもしれませんけど。弁護士の方々もそちらを求めたほうがずっといいと思いますが、弁護士の人たちは、国税のような土俵じゃなくてやはり裁判所を土俵にしたいんでしょうね。

朝日新聞の論壇時評に竹迫某という牧師の人が(世界に執筆するときの肩書は東北学院の非常勤講師らしい。非常勤講師が肩書としてどうこう朝日でいってなかったっけ?)女性は宗教にどうのこうのといったらしいが、これはすごいことを言っていると思いました。私の感じだとキリスト教だって昔から女性の信者はいるわけで、2000年隔てて現在の日本をみていても、女性の力は大きいものがあります。わたしはある牧師(かなり前の人がかなり前に語ったこと)が女性が教会にくると、だんだんと旦那さんも来るようになるが、男のひとがきていても、奥さんは来ない、といってました。創価学会でも婦人部の支持が山口さんの地位を安泰にしているようなことを読んだ気がします。ということで、竹迫さんという人は伝統宗教の牧師という立場に胡坐をかいて、ブーメランで、自分の教会の婦人たちも一種マインドコントロールされたようなことをいわれたらそれはいやだろうと思うのですが、、、

統一協会(教会)問題については私は学者系では北大の桜井さんの書くものはそれなりの信頼を置いているのですが、なんだかそのほかのひとの書くものは半分自分の売り込みがあるような感じで眉唾に思ってます。特に東大名誉教授の某氏など。

防衛費

防衛費増額の財源 “増税含めた国民負担必要” 有識者会議 | NHK | 自衛隊

防衛力強化のための政府の有識者会議でのこの報道ですが、はて?なんで防衛強化の話の有識者会議で財源まで議論するんだろう?とちょっと不思議な気がして会議の資料などをみてみました。3回目の財務省提出の資料は、一時的な国債などに頼るのではなく5年目からは恒常的な予算を確保することが必要というようなことはあったみたいですが、資料ではむしろ一時的な予算として、湾岸戦争のときは法人税増税と石油石炭税で補ったようなことが書いてありました。有識者会議のメンバーには民間の委員もいたようなので、当然法人税増税も含めて経済界が合意したというようにとらえたいですが、どうもニュースを聞くと、法人税増税や石油石炭税などの利用はなく、消費税などをあげたいということなんでしょうか。不思議な話です。法人税が高い高いという経営者は多いようですが、それであれば海外でやってみれば?と思う企業もたくさんあります。税金でさまざまな整備をしてもらっているのに、法人税は払いたくないというのは一体何なんだろうというような気もしますのでぜひとも日本のために、法人税をあげて、一般の市民には増税なきようお願いしたいものです。

小野平八郎さん

傷害罪で略式起訴の前財務総括審議官 財務省の研究所副所長に:朝日新聞デジタル

ということらしい。

まあ年齢的には1989年に大蔵省入省とのことだから、50代後半といったところか。十分に分別が付く年齢であろう。しかし、ちゃんとポストが用意されて、まあ定年まで過ごして天下りですか、、、

なんだかなあという気がします。こうかくと、わたしがまえに麻雀のひとを擁護したことをどうなんだとおもわれるかもしれませんが、今回は麻雀と違って危害を加えた事件です。ちょっと違うと思いますが。おそらく学校の先生あたりが同様の事件を起こせば懲戒免職は免れないんじゃないでしょうか。国家公務員は略式起訴で済めばいいんでしょうか。もちろん略式起訴といってもさきの麻雀のような、人に危害を加えていたにものもあります。しかし、今回はかなり悪質です。酒に酔っていたということがある程度免罪されている理由なのかもしれません。しかしそれは刑法上であって、国家公務員としては、自分を失うまで酒を飲んで泥酔して電車に乗ること自体がまずいんじゃないでしょうか。お金はあるんだからタクシーで帰ればいいのにと思いますし、周りの人もそれを勧めなかったところがどうなのかなあということも思います。というと、公務員はタクシー券など使えんぞ、とか民間みたいに偉くなっても経費でタクシーにはのれないんだ、というひともいるでしょうけど、そんな会社はごく一部で、日本のほとんどの中小企業では酒を飲んで帰るのにタクシー代を会社の経費じゃあ落とせないと思いますよ。まあ高級官僚の皆さんの同窓生の会社では落とせるのかもしれませんけど。そんなのは全体からみたらごく一部です。(まあ自営業のひとはまた違うんでしょうけど)ということで、なんだかな感じの人事をみた気がします。

新井紀子さん

党ロボとかで名前を売った新井紀子氏が最近ESAT-J関係で自身の事業のRSTとかいうものと絡めているのではといわれているらしい。もっともRSTのほうは企業対象なのですが、まあインフラとしてベネッセ基盤を使っていくということですかね。なんだかおそろしいですねえ。子供の時からのデータを取られていくという。ベネッセって一回は個人情報流出で終わりかと思われたところをただでは起きなかったということでしょうか。それにしても、新井氏のRSTってなんだか奇妙な気がします。企業にいると、いまは、いろいろなひとがいるわけで、むしろ誰が読んでも誤解がないような文章を書くことが求められていて、RSTのような複雑な文章を読むのはせいぜいが法務部署や営業部署などに限られています。圧倒的な多数、しかも早い判断が求められる製造現場なので誤解を招くようなマニュアルがあることは即座に事故などにつながります。もしかしたら、銀行などのあまり工場などない企業には役立つのでしょうか、、、ということでむしろRSTは文書チェッカーとして、ある複雑さ以上の文章を修正するのに使ったらどうかと思ってます。まあ実用に耐えるものかはわかりませんが。それにしても、論文を書くのが学者かと思っていましたので、学者を委員にするのは中立な立場からの知見を言ってもらうのかと思ってましたが、このような自らの事業への利益誘導する人を東京都が諮問委員にしているのはまずいんじゃないでしょうか。学者であれば、自らそのような利益にかかわるような委員は推挙されても辞退するのがモラルかと思うのですが、まあ学者には研究倫理以外はないのかもなのでそれは言わないお約束でしょうか?21世紀になって竹中平蔵さんあたりから本当に学者の倫理は20世紀とは変わってきたのだなあと思わされます。

NHKクローズアップ現代

異例の「起訴取り消し」 ある中小企業を襲った“えん罪”事件 - クローズアップ現代 -

前から新聞などでみていた内容だが、改めて、当事者の会社の方がいかに大変なことになったのかを知った。特に亡くなられた方までいたとは初めて知りました。

なんでこんなことが起こったのか、、、ロシアへの輸出については本当にあれこれのことが起こっていて、どこで刺されるのかわからないという感じだ。もちろん軍事転用は危険だが、どこかで歯止めをかけないと、機械類などはほとんどアウト。いまも、ロシアのドローンだかミサイルに日本のカメラの部品が転用されているといっていてしたが、こんなことだと日本は輸出できない。けど車はOKなようで、車は一番転用可能ではないかと思うが、そのあたりはよくわからない世界だ。

死者の解剖なども結局は医学や化学、生物学の知識がないと、解決できない問題も多いのではないだろうか。きちんとした人材を採用することが第一と思うが、日本の警察はそうはならないだろうという気がする、、、